実家の台所の片付け~体験談vol.11

キッチン

実家の台所。。。。実家に帰るたびに目にしていたはずの場所ですが、実際は見て見ぬふりをしていました。ここは苦労するだろうなと思っていましたが、予想以上でした(汗

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 もので溢れかえる「台所」。。。

「キッチン」というよりも「台所」と言ったほうがしっくりくる実家の台所。昭和レトロを感じますが、そんな生易しいものではありませんでした。(汗

台所には、冷蔵庫の他に、大きめの食器棚、キッチンストッカー、レンジ台、収納ボックスが壁面に配置してあり、中央に4人用の小さめの食卓テーブルがあります。

私が子供のころは、この食卓テーブルで食事をしていた記憶があるのですが、今は見る影もありません。食卓の上には、食器類、食材が高々と積み重なり、ほとんどテーブル面が見えません。(汗

食卓の下や椅子の上にも、何かしらのものが置いてあり、食卓としては機能していません。

各収納にもびっしり物が入っていますが、普段はほとんど使っていない様子。

収納ボックスの一つは、引き出されたままで、そこにまた物を溢れるほど入れ、しまらなくなった状態です。

収納と収納のちょっとした隙間にも、紙袋や包装紙をびっしり突っ込んでいます。(笑

床にも米や食材、いろんな箱類があちこちに置いてあり、全く整理されていない状態。

昔は家族4人までは食事ができていた台所は、今は調理する人間一人が、やっと動けるくらいのスペースしかありません。

流し台周りも食器類が多数並べられ、洗い物するにも非常にやりにくそうな感じです。よくここで調理できるなと、変に感心してしまいます。(汗

そしてそれらのほとんどが、台所特有の汚れに包まれている状態です。(汗

食材のほとんどは賞味期限切れ。。。

どういうやり方で片付けていくか、妹と協議の結果(笑、

片付けの手順としては、

  1. 食卓の上をきれいにして、仮置き場にする
  2. 収納からはみ出ているものを選別する。
  3. 収納に入っているものを選別する。
  4. 不用品の処分
  5. 残すものの整理、収納

おおまかにこんな感じでいくことにしました。

まず食卓の上のもをきれいにします。普段使いの食器と、食材があるのですが、食材の半分は賞味期限切れでした。

普段使いの食器と残す食材を一旦よけると、変色したビニールのテーブルクロスが現れます。これを剥がして捨てようとするのですが、汚れでくっついて簡単には剥がれません。

お湯をかけたり、洗剤使ったりでようやく剥がして処分です。いつから食卓拭いてないのか、母に聞くのは怖いのでやめました。(笑

収納からはみ出しているものは、食器類と食材がほとんどです。食器類は使用していないものは一旦残し、年季の入ったものは処分へ。食材は、ここも半分は賞味期限切れです。

食器棚に入っている食器は、未使用のものや、お客様用のものばかりで、比較的きれいなものが多かったので、普段使いの年季が入ったものと入れ替えて、今までの使っていた物は極力処分しました。

そして、キッチンストッカーと収納ボックスの中身ですが。。。99%が賞味期限切れの食材です。いつから使ってないのだろう。。。

最初は一つ一つ確認しながら処分していたのですが、途中で意味ないことに気づき、引き出しの中身ごと一気に処分することに。

最古のものは、賞味期限が2006.8.30と刻印が打たれているツナ缶です。。。いくら缶詰といえども、さすがに食べる気はしません。(汗

賞味期限切れは、冷蔵庫の中も例外ではありません。妹が冷蔵庫の片付けを担当していたのですが、悲鳴を押し殺しながら次々処分していきます。(笑

冷蔵庫の中も半分は、かな~り昔に賞味期限切れていたとのこと。恐ろしい。。。。(笑

それなりに?家事ができる台所に復活!

賞味期限切れの食材を処分したことで、キッチンストッカーと収納ボックスは空っぽになったので、残す食材等を入れなおしました。

それでもスカスカなので、思い切って収納ボックスは処分することにしました。置いておいてもまたゴミ入れになりそうだし、両親二人分の食材のストックにはキッチンストッカーひとつで十分です。母も承諾してくれました。

収納と収納にびっしりあった紙袋類も一括処分です。

仕上げにあらゆる所を拭き掃除です。台所の為、油汚れがひどいですが、何とかそれなりにきれいにしていきました。

食卓の上も基本的に物を置かない感じになり、調理したものを仮置きできるようになりました。その気になれば、昔のように食事もできそうです。(テレビ見ながら居間での食事に慣れてしまったので、たぶんしないといってますが。。。)

母は最初いろいろ言っていました。私も「なんでこんなものとってあるの!」といいかけましたが、そうなると喧嘩になるので、やさしく?聞き流しながら片付けを進めました。(笑

そのうち母は、賞味期限切れの山に次第に口数が少なくなり、やがて言い訳っぽいことを言うようになりましたが、片付けが終わった状況を見て、結局喜んでくれました。

久々に、「料理に対する意欲が湧いた」ようなことまで言ってたのには笑いましたが。(笑

実家の洗面・脱衣の片付け~体験談vol.11へ続く

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です