お盆休みの片付けは失敗?~片付けのコツ

片付け時期

お盆休みに実家の片付けを一気に済ませたい!と思う方も多いと思います。実際私もそうでしたが。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

真夏の実家は暑かった。。。

私と妹の休みが、まとまった日数合うのがお盆休み。実家の片付けのスケジュールを立てた時から「お盆は実家の片付け!」と決めていたのですが、実際に作業するとこれがきつかった。

きつかった理由①・・・・暑い!

お盆といえば8月中旬。真夏です。暑いのは当たり前です(汗。。。。休みの都合上、この時期に実家の片付けをせざるを得なかったのですが、予想以上に暑かった。

片付けをする部屋の中は、窓が隠れるほど段ボールや荷物が積まれていて、蒸し風呂状態でした。しかも私の実家はエアコンがありません。扇風機を回しながら作業したのですが、あまり効果はなく、汗だくでの作業となりました。

きつかった理由②・・・・匂い!

長期間開かずの間だった部屋の片付けをしたのですが、悩まされたのが匂い。古い家のカビの匂いというか、何かが腐ったような匂いというか、とにかくきつかった。

きつかった理由③・・・・虫!

この時期は虫たちも元気です(笑) 部屋の中を飛び交ってます。部屋の中で繁殖してそうなところもありました。(汗

こんな理由でかなりきつかったです。

余裕があるのなら、考えたい季節。

実家の片付け期間に余裕があるのであれば、真夏の実家の片付けは、極力避けたほうがいいというのが、実際に作業したときの正直な感想です。

春や秋のほうが、これらの状態がいくらかマシに感じられるので、おすすめします。

そうはいってもやらざるを得ない状況がある場合は、暑さや匂い等の影響が少なそうな個所を重点的に作業したり、食器棚やタンス等の中身を整理する等がいいと思います。

真夏に開かずの間の片付けは避けたほうが無難です(笑) どうしてもやらなければならない場合は、「暑さ」「匂い」「虫」は覚悟しましょう。

また、それらに対する対策をある程度してから作業に入ることをおすすめします。私の場合はそれらに対してはノープランで作業に入ったので苦労しました。

以上私の経験から得た「片付けのコツ」的なことでした(汗

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です