実家の片付けスケジュール~体験談vol.4

実家のスケジュール

両親の許可を無事得ることできたので、実家の片付け作業を具体的に進めるために、スケジュールを組むことにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

すぐにでも取り掛かりたいが。。

私の家と両親が住む実家は、高速道路を飛ばしても2時間半程度かかる離れた距離です。私の仕事の関係上、毎日どころか月一回行けるかどうかという状況です。

妹夫婦も同じくらい離れたところに住んでおり、そう頻繁には行けない状況なので、まずは私と妹の都合のつく日をベースにスケジュールを組みました。

私の実家の場合は、家自体の売却や引っ越し等の決められた期日がないため、少し余裕を持って長期的に取り組む方針で考えました。

スケジュール案の考え方は、以下の記事でも紹介しています。

実家の片づけスケジュール~迷わず円滑に進めるために~
実家を片付ける時は、その規模にもよりますが、最初にスケジュールを立てておくことをお勧めします。私自身どうすれば良いか相当迷いましたの...

片付け開始までの下準備

実家の片付けに関して話し合い、スケジュールを立てたのが4月中旬です。私も妹もまとまった休みはなかなか合わず、結局作業開始日は5月のGW中ということにしました。

「5月のGWに作業開始、6、7月はどこかで最低1回は土日を利用して集まる、8月のお盆休みも基本片付けに充てる。」という大まかな日程を決め、それ以外の日も行けるときは私か妹がいくようにするということを決めました。

長期的な日程で行うと決めた段階で、最低1年は必要かなと覚悟したので、みんなが無理のない範囲でやろうと。

私や妹がいけない間は、両親に「片付けすすめておいて!」といっても体力的無理だと分かっているので、その間は処分するものや、残すものの目星をある程度つけるなど、下準備を頼みました。

両親がある程度選別したものを、私と妹が行ったときに最終確認し、両親の思いと違う判断が必要な時は、感情的にならないように話し合いながら進めました。(ここは今も結構苦労していている部分です。基本母が物を捨てられない性分のため。。)

また、スケジュールを組む前にある程度下見はしておいたので、私と妹は実家に行けない間は、大型の物の処分方法や業者、費用などを調べておくようにしました。

各担当を決める

担当を決めるといっても、基本私と妹の二人です(笑。両親は体力的には戦力外なので、物の選別や体力の必要のない細かいものの整理をやってもらうことにしました。

私の妻と妹の旦那さんには無理強いをせずに、「たま~に手伝ってくれればありがたい」というスタンスでいこうと、妹と決めました。

結局夫婦といっても他人の親のゴ○屋敷直前の家の片付けは頼みにくく、また恥ずかしいかなという思いも正直少しあったので、そうすることにしました。(実際は結構手伝ってくれているので、ホントありがたいです。)

 優先順位を決めて作業開始!

片付け場所の優先順位を、仮置き場・搬出経路の確保を考えて決め、以下のような順序としました。

  1. 車庫・搬出経路
  2. 2階納戸
  3. 2階2部屋
  4. 1階和室
  5. 1階居間・キッチン

狭い住居に物があふれているので、仮置き場をできるだけ確保しながら作業できるように考えました。

いよいよ実家の片付け作業がはじまりです。鬼が出るか蛇が出るか(笑

実家の車庫の片付け!~体験談vol.5へ続く

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。