実家を片付けようと思ったきっかけ~体験談vol.1

きっかけ

それはある日突然やってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

父が倒れた!!!

昨年の11月、私は出張帰りで、車で上司と一緒に会社に向かっていました。

もうすぐ会社というところで、母(70)から携帯に電話が。普段めったに電話をしてこない母からの電話に、なんとなく不安を覚えながら出ると、「お父さん倒れた。。」と一言。電話口で母がひどく狼狽している感じだったのを覚えています。

病状を聞いてもよくわからないし、母が少しパニックに陥ってる感じもしたので、すぐに実家に行くことにしました。(私の家から実家までは高速を使って2時間半程度の距離)

心筋梗塞。しかも相当な重症。今日明日が山場と聞いて私以上に母がまいってしまって、そのまま2日ほど実家に泊まりました。

無事退院。しかし。。。

なんとか一命は取りとめ、それから約4か月間父(75)は入退院を繰り返し、無事退院することができましたが、食事から運動等の制限、薬の管理等、生活が一変することになりました。

その間母は、入院している父の看病が優先で、家のことは何もできない状況になり、実家の中はどんどんと乱雑になっていきました。

もともと特別きれいにしていたわけではありません。両親が高齢になるにつれて「ちょっとかたづければ~」的な感じだった実家が、みるみる散らかった行く様を目の当たりにし、何とかしなければと感じ始めました。

実家の片づけを決意!

幸いにも父はその後病状が安定し、かなりの制約がありますが、自分のことは自分でできるようになり、母も落ち着きを取り戻していきました。

しかしすべて元通りというわけでもなく、力仕事どころか階段の上り下りにも制約がある父や、少なからず父の食生活の管理や薬の管理といった仕事が増えた母に、家の片づけは荷が重く、このまま放っておいては両親が安心して生活できないと思い、私が主導で何とかしなければならないと改めて決意することになりました。

まずは現状把握!~体験談vol.2につづく

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。